ピンポン反応とは?

2つ以上の基質が反応する酵素反応において、最初に酵素が1つの基質と反応して酵素自身が一度変化し、その変化した酵素にもう1つの新たな基質が反応し、別な生成物が遊離するとともに、元の酵素に戻るような反応のことを「ピンポン反応」といいます。