負触媒とは?

負触媒とは、反応の速度を遅くするための触媒のことをいいます。 たとえば、ハロゲン化物消化剤は、ハロゲン元素の不触媒作用を利用しています。 なお、通常の触媒は、反応の活性化エネルギーを下げることで、反応…続きを読む

グッタペルカとは?

グッタペルカとは、イソプレンを人工的に重合したものです。 グッタペルカは、ゴムと違い、硬い樹脂で、弾力性はありません。 ゴムとグッタペルカの違いは、分子の二重結合周りの立体配置です。 すなわち、ゴムは…続きを読む

アノマー効果とは?(anomeric effect)

アノマー効果とは、ヘテロ原子を含む飽和六員環において、ヘテロ原子のα位に置換した電気陰性基が、炭素六員環の場合に比べて、よりアキシアル位を優先してとる傾向をもつ現象をいいます。

カテコラト錯体とは?

カテコラト錯体とは、カテコール「C6H4(OH2)」から、2つある「OH」の「H」が2つとも解離して生じるイオンが、金属イオンに配位した錯体です。 参考:カテコール

誘導適合とは?

誘導適合とは、酵素分子が基質をくわえるように働いてしっかりと抱き込み、化学反応が起こりやすいようにする現象のことをいいます。

増強剤と媒染剤との違いとは?

増強剤とは、染色液に加える薬剤のことで、色素の染色性を増すため、あるいは、染まりにくいものを染めやすくするために用いられます。 たとえば、水酸化カリウム、アニリン、酢酸、シュウ酸、石炭酸、ホルムアルデ…続きを読む