カテゴリー
散録

「男、女、その他」という選択肢について

最近、アンケートなどで、性別を問う設問への回答に、男と女以外に、「その他」を設ける事例が増えています。

この選択肢には、引っかかるものがあります。

不親切な問い

ここでいう「その他」は、いわゆるLGBTQなどの人たちを連想させる文言です。

他方、ここでいう「男」、「女」は、生物学的な性(大半の人は出生時に登録された戸籍上の性別と一致)を意味すると思われます。

こう解釈すると、戸籍上は男だが、男が好きという人物の場合、いわゆるGにあてはまりますが、

「男」も「その他」も選ぶこともでき、回答者は混乱します。

では、このような、「男」、「女」、「その他」という選択肢を、それぞれが互いに排他的な選択肢と解釈するには、どうすればよいでしょうか。

これには、「男」や「女」を、自認する性別と捉えると、選択肢に、「その他」があることに納得ができます。

すなわち、(自分の性別がわからない)という人たちが、その他を選べばよいということになります。

しかし、そうすると、単に『性別』という項目名称は、不親切であると言えるでしょう。

「自認する性別」と言い換えるべきです。

しかしながら、そのように解釈することは、アンケートの立案者の意図とは異なる場合が想像されます。

カテゴリー
散録

エンジニアはプロダクトのバグに気がつけない?

素人から見て、たびたび不思議に思う案件です。

それが、

Webサービスの開発者が、自分のプロダクトのバグに、なぜ気がつけないのか?

という問題です。

ちょっと試してみれば、絶対わかるやん。。。

というような明らかなバグであっても、それは、放置されてしまうことが往々にしてあります。

気がついていないのか、それとも、気がついているが放置しているのか?

こういうケースには、おそらくですが、根本的な問題があるように思うのです。

それが何かというと、とても説明し難いのですが。

カテゴリー
散録

偽物のMagsafeに怒って返品して返金してもらった話

Yahoo! JAPANのショッピングで、Magsafe(マグフセーフ)を購入したら偽物だったお話です。


利用したのはYahoo!ショッピング

先週のことです。

Yahoo! JAPANのショッピングで、Magsafe(マグフセーフ)をあるストアで購入手続きをしました。

お値段は4900円。Appleストアで買うのと同じような値段でした。

しかし、待っても、なかなか発送されたと表示されません。

そこで、問い合わせてみると、変な日本語の返事が帰ってきました。

magsafeが発送されないので問い合わせた
Magsafeの発送が遅いので問い合わせた

 

このあと、発送を急かしたところ、なぜか「来週中」と言われたのに、翌日に届きました。

なんか変だな、と思いながらも、届いた袋を開けると、届いたのは中国語のシールが貼られた箱。

届くまで1週間かかっていましたから、中国製の、並行輸入品なのかも、と思いました。

Magsafeの並行輸入品(中国製)?
Magsafeの並行輸入品(中国製)?と思った

ただ、箱を開けてみると、違和感がありました。

取り出した製品の説明書に、汚れがあったり、Magsafeの本体部分にサビがあったり、雑な品質に思えたのです。

Apple製品では、通常は無いことでした。

ただし、一応、使ってみると、充電はできました。

なんだ、ちゃんと動作するじゃないか、と安心はしたものの、どこか、不安は拭えません。

そこで、偽物との見分け方をネットで調べてみることにしました。

偽物の見分け方

すると、本物のMagsafeには、つぎの特徴があることがわかりました。

  • 本体に刻印がある
  • ケーブルに印字がある
  • iPhoneと接続時に「設定」アプリでMagsafeの情報が表示される

逆に言うと、偽物には、これらの特徴がないのです。

さっそく、私の買ったものをチェックしてみました。

まず、見たのは刻印でした。

すぐに偽物と判明

これは、見て一瞬で分かりました。

あっ、刻印がない!!

偽物だ・・・!!

Magsafeの偽物・本体に刻印がない
本体に刻印がない(Magsafeの偽物・並行輸入品)

本物は、ケーブルの接続部分に、刻印があるようなのですが、私の買ったものには、明らかに刻印はありませんでした。

この時点で怒りが込み上げてきましたが、一応、つぎの偽物のチェックポイントを確認してみました。

ケーブルの印字です。

本物は、こうです。

本物のAppleアクセサリーの印字
本物のAppleアクセサリーの印字「AppleWebサイトより引用)

一方、私の買った偽物のMagsafeのほうは、こうでした。

一応、印字はありました。

けれども、わかるでしょうか。

ちょっと違うんですよね。

 Magsafeの偽物のケーブルの印字
Magsafeの偽物のケーブルの印字は本物と違った

さらに、本物のMagsafeを接続すると、iPhoneの設定アプリ内に、 Magsafeの情報が表示されるはずですが、私の買ったものは、その表示がありませんでした。

偽物確定でした。

返品と返金までの戦い

怒りは収まりませんが、とりあえず、Yahooショッピングで偽物(偽ブランド商品)をつかまされてしまったときの対処法を、まずは、Yahoo!ショッピングのヘルプページで調べてみました。

すると、まずは、とりあえずストアに返品と返金の対応をせまるように書いてありました。

そこで、私は、ストアに連絡をしてみることにしました。

偽物と認めないストア

ストアに、上記の三点の事実を、問い合わせページでぶつけてみました。

しかし、ストアから返ってきたのは、こんな返信でした。

Magsafeの偽物を偽物と認めないストア
Magsafeの偽物を、並行輸入品と言って、偽物と認めないストア

並行輸入品といって、偽物であると認めなかったんですね。

しかも、やはり、何だか違和感のある日本語です。

不信感はさらに増します。

とはいえ、私にとっては、返金してもらうことが大事です。

返品可能と言っていますから、着払いでの発送にしたいと伝えてみました。

Magsafeの偽物を着払いで返品したいと申し出たら・・・
Magsafeの偽物を着払いで返品したいと申し出たら・・・

返ってきたのは、私が送料を負担しろ(?)という内容。

これには呆れましたし、この相手はもうダメだと思いました。

私は、Yahooに連絡することにしました。

到着後トラブルお見舞い制度

Yahoo!には、到着後トラブルお見舞い制度というものがあります。

Yahoo!ショッピングで購入し、届いた商品に不具合があるなどのトラブルが起こった場合に、支払金額をお見舞いしてもらえる制度です。

こちらから閲覧できます。

https://shopping.yahoo.co.jp/notice/inquiry/shp/

私は、こちらで、今回の事件について、説明して、Yahoo! JAPANで対応してもらえないかを、問い合わせをしてみました。

すると、Yahoo!から、つぎのような返事がありました。

お問い合わせいただきましてお手数をおかけいたしております。

このたびは、弊社出店ストアの対応において、お客様にご迷惑をおかけし、
誠に申し訳ございません。

Yahoo!ショッピングでは、ご注文に関連するサービスや商品については
各ストアが管理を行っており、責任を負うものとさせていただいております。

そのため、誠に申し訳ございませんが、このたびの件につきましては、
弊社から的確なご案内を行うことができません。

返品については引き続きご利用のストアとお話し合いのうえ
ご調整くださいますようお願いいたします。

なお、弊社からも、ご連絡いただきました件について、
お客様へ適切に対応をするよう該当のストアに依頼いたします。

お客様にはお手数をおかけいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

 

要は、ストアと解決してほしいと言われてしまいました。

これにはちょっと、がっかりしましたが、仕方ありませんでした。

今回の事件のオチ

さて、Yahoo本社にまで連絡した今回の事件のオチですが、着払いについては、私はどうしても譲れませんでした。

そこで、私は、Yahoo!の名前を出せば、ストアの態度が変わるかもしれないと考えて、Yahoo!に解決を依頼しましょうか?と問い合わせをしてみました。

すると、ストアは態度を急変させたんですね。

Appleのmagsafeの偽物を着払いで返品したかった
どうしても着払いで返品したかった

 

もしかしたら、裏で、Yahoo本社からのアプローチも、あったのかもしれません。

これで、なんとか返金の約束を取り付けられました。

その後、ゆうパックの着払いで偽物のMagsafeを返品することに成功し、無事に、ストアから支払いのキャンセル手続きをしてもらえました。

今回の事件から得られた教訓

今回の出来事は、私にとっては、まさに「事故」としか言いようがなく、事前に予想することは不可能でした。

まさか、Yahooショッピングで、アップル製品の偽物が出回っているとは予想だにしませんでした。

とはいえ、今回の出来事から学んだことはあります。

それは、アップル製品は、アップル社のWebサイトで購入するのが確実であるということです。

それから、もしもアップル製品を、アップル社のWebサイト以外から購入するときは、買う前に、純正品かどうかをストアに問い合わせすることです。

以上、これを読んでくださった方の参考になれば幸いです。

カテゴリー
散録

何の曲を聞いていたかバレるiPhone

iPhoneで楽曲を聞いたあと、電源をオフにします。

すると、他人が電源ボタンを押したときに、

直前に聴いていた楽曲が表示されてしまうのです。

 

たとえば、職場や家庭で、携帯を充電しておいているときに、同僚や家族が携帯を触ったとします。

そのときにこの画面が出ると、

あっ、ラブライブを聴いてるんだ・・・

なんて思われるリスクがあるんですよね。

※もちろんラブライブが悪いわけではないのですが

この仕様はなんとかならないものかと、思うのですよねぇ、、、

 

追記

ロック画面の通知を切ったところ、解消しました。

カテゴリー
散録

夏のショートブーツとショッピングサイト

八月中旬の暑い頃でしょうか。

電車で、19〜20才くらいかなと思われる女の子の2人組を見かけました。

その子たちは、ショートパンツに、黒のショートブーツを合わせて履いていたんですね。

それを見かけて、暑いのにショートブーツか、きっと蒸れてそうだなぁなんて変なことを思いつつも、

何気なくそちらに視線をやる私でしたが、しばらくして、たまたまスマホを手に持っていた私は、なんとなく、ショートブーツと検索をかけてしまいました。

 

そうすると、けっこう、ショートブーツのみの画像のほかに、女性がショートブーツを履いている脚の画像が出てきたりします。

ショートブーツ単体の写真よりも、脚も写っているほうが、よい写真に感じられます。

ですが、購入希望の女性にとっては、人が履いている写真のほうが、興味を惹くのかどうかはまったく分かりませんね。

少なくとも言えることは、優れた脚が写っている写真であれば、男性のクリック率は高そうだ、ということでしょうか。

 

ところで、ファッションサイトで、[下着]と検索をかけると、下着を着た女性モデルの写真が大量に出てきたりするわけですが、これはこれで、教育上の観点から、はたして、いかがなものか、なんて思ったりもするのですよね。

カテゴリー
散録

死亡率からみる仕事における頭脳労働と肉体労働のバランス

本日、思ったこと。

頭脳労働と、肉体労働の、時間的・負荷的なバランスって大事だなあということです。

100%が頭脳労働でもしんどいし、100%が肉体労働でもしんどいです。

とくに頭脳労働100%に関しては、一日中、パソコンの前に座りっぱなしというのは、精神的にも肉体的にも、大きなストレスです。

統計的にも、長く座っている人は、病気になりやすいし、早死にします。

個人的には、頭脳労働60-70%、肉体労働30-40%くらいがちょうどいいかなぁと思っています。

ただ、この絶妙なバランスの仕事って、少ないんですよね。

みなさんのお仕事はどうでしょうか。

カテゴリー
散録

若者に投票しよう、と呼びかけるも自民党が人気

芸能人が、若者に投票を呼びかける動画が配信されていたのが話題になりましたね。

「投票します」という内容で、『あなたも投票しよう』ということでした。

 

これは、芸能人が主体となっており、裏で誰かが糸を引いているかどうかはよく分かりませんが、

おそらくは芸能人自身あるいは裏で手を引いている人が、野党支持あるいは反自民党なんだろうと思われます。

ビデオ自体は、若者の投票が少ないと若者世代が軽んじられるとか、あまり共感できない理由があげられており、、、微妙ですね。

 

さて、今回の選挙では、若者の投票率が少し上がったとか言われているところ、蓋を開けてみれば、若者世代の投票先の中心は自民党だったんですよね。

 

自民党にとっては、若者世代の投票率が上がることは、議席を増やすことに繋がりお得というわけです。

 

だから、上の芸能人たちは、苦労の甲斐なく、実は、自らの首を絞めただけだったのかもしれないのかもしれません。

 

つぎの選挙では、自民党は、若者世代に訴える政策を打ち出すのかもしれませんし、

野党陣営は、高齢者向けの政策を打ち出すのかもしれませんね。

 

ちなみに、上の芸能人の動画が、若者世代は自民党支持であることを知った上で、自民党が狙ってつくったものだとすれば、自民党おそるべし、って感じでしょうかね。

カテゴリー
散録

カプラ 二重螺旋の作り方

木のおもちゃ、カプラ。

そのカプラの、二重螺旋の作り方を紹介します。

カプラ 二重螺旋
カプラ 二重螺旋

方法はシンプル。

この写真の、一番上にあるような、4枚一組の形を、ひねりながら載せていきます。

これにより、二重螺旋が完成します。

ご参考まで。

 

カテゴリー
散録

不倫で懲戒免職は罰が重すぎる?

東京で、こんな事件があったようです。

東京都によると、妻のいる、56歳の男性教師は2016年、当時務めていた小学校で、担任をしていた児童の保護者と不倫関係を持ったとして、懲戒免職処分になったそうです。

シングルマザーの保護者から好意を伝えられ、禁止されている、私的な連絡先の交換を行ったとのことです。

男性教師は、「教員として、いけないことをしたと深く反省している」と話しているらいしのですが、

不倫しただけで懲戒免職とは、罰が厳しすぎると思われます。

恋愛は、私生活上の問題であり、憲法においても認められる自由です(主に幸福追求権)。

 

不倫は一応は違法行為ではありますが(慰謝料)、犯罪ではありません。

 

今回の事例は、「禁止されている私的な連絡先の交換」があったことが、懲戒免職の処分を正当化するのでしょうか。

 

不倫には当然、連絡先の交換は伴うものです。

 

ここで考えなければならないのは、連絡先の交換をした時点で、それがバレていたら、懲戒免職になっていたのか?ということです。

 

不倫という結果を重んじていることは明らかです。

 

教師という公の属性だから厳しい処分が妥当、と考える人たちが多いのかもしれませんが、それでは職業差別ですし、人は職業のみによってカテゴライズされるものでもありません。

 

このような事例では、停職や減給でよいのではないかと思います。

 

この処分については、

処分したいから処分した(感情的な処分)

あるいは、

懲戒免職なら誰も文句を言わないだろう(打算)

のようなものが感じられ、名ばかりの法治国家ではないかと思ってしまうのです。

カテゴリー
散録

お昼の地上波テレビと貧乏人と怒りと憎しみの煽り

我が家はネットテレビを契約してNHKも支払いをしていますが、

番組の質に満足しているわけではないので、要らないかなぁこれ?と思い始めたところでした。

アニメさえ見れたらそれでいいとも思えて、それはプライムビデオやAbemaTVで見られますもんね。

 

ちなみにテレビについていろんな意見を漁っていたときに見つけたのですが、

こんなツイートが、過去に注目を集めていたようです。

内容は、貧乏人に許される娯楽はテレビだけしかないのに、お昼の地上波は、憎しみと怒りを煽る内容ばかりというツイートでした。

なんとなく分かる気がします。

主に民放キー局ですよねぇ。

昼間のワイドショーを見るのは、特に疲れてる時はしんどいですよね。

国内外の重要ニュースを、淡々と見れたらそれでいいと思うのですがねぇ。