カテゴリー
投資

comexの銀の在庫が激減、価格への影響は?

いま、世界の現物の銀の在庫が急激に減少していると言う話があります。

筆者は専門家ではないので不明点は多いですが、イギリスロンドンのLMBAや、アメリカのCOMEXといった機関の保管庫から、銀の現物の在庫が引き出され続けているようです。

しかも、在庫とされている銀の量のうち、かなりの多くが、ETF購入者のために保管されているそうです。

したがって、実際に、自由な取引に使用できる銀の現物の在庫は、在庫分よりも少ないことになります。

参考記事

https://www.bullionstar.com/blogs/ronan-manly/london-silver-inventories-continue-to-plummet-as-metal-exits-lbma-vaults/

参考動画

 

価格の予測

これを踏まえると、今後も、銀の在庫が減り続けるのなら、銀の価格は、上昇していく可能性が高くなります。

ただし、相場においては、地合いも影響してきますし、この情報の広まり具合によることは考えられます。

カテゴリー
投資

チェーンストア売上高

学習メモです.

米国の大手チェーンの売り上げを毎週記録したものを,チェーンストア売上高といいます.

個人消費の動向を知ることができます.

チェーンストア売上高を提供しているのは,

ジョンソンレッドブック(閲覧は有料)あるいは国際ショッピングセンター評議会(ICSC)などです.

なぜチェーン店なのかと言うと,チェーン店は,地域が偏らないので,全国的な消費の動向をつかむことができるからだそうです.

カテゴリー
投資

銅価格

備忘録です.

銅は電気伝導性が高く,汎用性が高い原材料です.

今後,IoTの発達とともに,さらに需要が高まると予想されているようです.

1ポンドあたりの値段で表されます.

フィッチ・レーティングス社によると,銅は,今後,数年かけて供給不足になるそうです.

特に,2021年にかけて供給不足が続くとのことです.

ちなみに,LME(ロンドン金属取引所)の指定倉庫に保管される在庫を,こちらで確認できます.

http://www.kitcometals.com/charts/lmewarehouse.html

銅価格を見るときは,この在庫量も一緒に確認するようにしておくとよいそうです.

カテゴリー
投資

バルチック海運指数の話

バルチック海運指数の話です.

 

【バルチック海運指数】

バルチック海運指数とは,イギリスのバルチック海運取引所(The Baltic Exchange)が発表する,外航不定期船(外航ばら積み船)の運賃の総合指数です.

バルチック海運指数は,鉄鉱石・石炭・穀物などの乾貨物(いわゆるドライカーゴ)の運搬を対象にしています.

バルチック海運指数は,1985年1月4日を1000として算定します.

取引所が,世界各国の海運会社やブローカーから情報を収集し,毎営業日に発表しています.

バルチック海運指数は、世界経済の物流の動きを反映するとされています.

最近は、コロナウイルスの拡散による、海運セクターへの影響があったわけですが、反発しています。

海運株は,この指数と連動性が高いといわれています.

カテゴリー
投資

株式市場を生き抜くための心のありよう

株式市場は,私利私欲にまみれたプレイヤーたちの「期待」と「恐怖」によって動いてます.

たしかな法則は存在せず,なにが起こるかは全く予測できません.

予定調和的なものは何もありません.

最悪の事態が,頻繁に発生します.

そのような修羅場を生き抜くために必要な心のありようとは,一体どんなものでしょうか?

調べてみました.

明鏡止水

「明鏡止水」という言葉を見つけました.

由来は『荘子』の徳充符篇だそうです.

雑念を排除し,完全にものに執着しなくなった心持ちのことをいいます.

「無心の心があれば,何事も透き通って見え,真理が把握できるようになる」

ということを説いた言葉だそうです.

私利私欲に目がくらんだときには,この「明鏡止水」という言葉を思い出すことが大切なのかもしれません.

 

ちなみにですが,荘子と並んで良く登場するのが「孔子」です.

孔子の「論語」には,人生を振り返った,こんな一節があります.

「吾、十五にして学に志す。三十にして立つ。四十にして惑わず。五十にして天命を知る。六十にして耳順う。七十にして心の欲する所に従えども、のりをこえず。」

現代は,平均寿命が延びているので,そのまま通用しないかもしれませんが, 含蓄のある言葉ですね.

人生における積み重ねの大事さが感じられますね.

カテゴリー
投資

男性が高い確率で億り人になれる方法

現代は、『億り人』になることが、ひとつのステータスとなっています。

 

1億円を超える金融資産を手にすること、という意味かと思われます。

 

しかし、一般人にとって、運良く大金を掴むことは難しいですよね😓

「投資で失敗」というのは、よく聞くパターンです💦

話は変わりますが、

 

みなさんは、ご自身のキャッシュフロー表を作ってみたことはあるでしょうか。

 

ファイナンシャルプランナーに頼むと作ってくれるのですが、たとえば、夫婦とも、それなりの大きさの会社の正社員(共働き)で、4人家族(子供2人)の場合、

 

65歳くらいのときには、家庭の金融資産は、ざっくりとですが、1億円くらい(退職金込み)にはなるんじゃないか、というような計算ができます。

 

今日、ここから思いついた、、、

というか、

そのままなのですが、、、

 

男性が『億り人』になる簡単なひとつの方法は、達成の時期を問わなければ(老後でもよければ)

一定の収入が見込める、老後まで働き続けられる女性と結婚することだろう、ということです。

 

あるいは、下世話な話ですが、親が裕福な女性と結婚するのもよいかもしれません。相手の親の遺産狙いです。

 

もちろん、離婚せずに老後を迎えることが肝心ですが。

 

うまくいくかどうか分からない投資をして資金を溶かすより、適切な結婚相手を探すことに力を注いだほうが、よっぽどよいのではないか。。。

 

そんなことを思いました。

 

※なお、収入などにこだわらず、好きな相手と結婚するのも良い選択であるのは言うまでもありません✨

カテゴリー
投資

アポロ11号は本当に月へ行ったのか?

アポロ11号は、アメリカ合衆国のアポロ計画において、初めて人類を月面に到達させた宇宙飛行であると言われています。

着陸日は、1969年7月20日。

科学の歴史上、もっとも重要な事件の一つですね。

…ところが、過去には、アポロ11号は月に行っていないのではないかと主張する人がいたようです。

いわゆる「アポロ計画陰謀論」です。

アポロ計画陰謀論とは、アメリカがNASAを中心として1960年代~1970年代に行ったアポロ計画(人類の月面着陸計画)が陰謀であったとする説(陰謀論)や捏造であったとする説のことである。

陰謀論者たちは、地球に送信された写真やビデオ映像の中の影に不自然な点があることや一部の写真に星が写っていないことを指摘し、「捏造」という主張を展開していたようです。

 

はたして真実はどうなっているのでしょうか?

 

興味深い記事を見つけました。

 

「背景に星がひとつも見えず、また光が不自然に当たりすぎている」という理由で、ニセ物と主張されていた、この写真。

 

アポロ11号は本当に月へ行ったのか?
アポロ11号は本当に月へ行ったのか?

 

数年前に、NVIDIA社がGPU技術で、「事実」と証明していたようです。

🔗https://wired.jp/2014/10/01/nvidia-moon/

 

何十年も経過してから、後世の科学技術によって証明されるなんて…

とても面白いですね😳

カテゴリー
投資

20代、30代のNISAの利用率

20代、30代は、NISAをどれくらい利用しているのでしょうか?

最近の相場の乱高下に関連して、少し気になりました。

ちょっと調べてみようと思って、ネットを調べてみましたが、、、

根拠が提示された明確な数字が見つかりませんでした。

そこで、自分で計算してみることにしました。

参照したのは、つぎの2つです。

①NISA・ジュニア NISA 口座の利用状況調査 (2019 年9月末時点)

🔗https://www.fsa.go.jp/policy/nisa/20191220/01.pdf

こちらは金融庁が発表しているものです。

②人口推計 - 2020年(令和2年)3月報

🔗https://www.stat.go.jp/data/jinsui/pdf/202003.pdf

こちらは統計局が発表しているものです。

上記のNISAの利用状況調査に最も近い、2019年10月1日時点での人口推計 (確定値)を参照しました。

まず、①によると、一般NISAを利用している(投資利用枠が設定されている)のは、20歳代で「36万5,594口座」、30歳代で「93万182口座」でした。

また、積み立てNISAを利用している(投資利用枠が設定されている)のは、20歳代で「27万1,058口座」、30歳代で「42万8,987口座」でした。

また、②によると、日本人の人口は、20歳代が1182万人で、30歳代が1380万人です。

では、算出した割合を見てみましょう。

(1) 一般NISAの利用率(人口比)

 20歳代 3.1%   30歳代 6.7%

(2) 積み立てNISAの利用率(人口比)

 20歳代 2.3%   30歳代 3.1%

意外に低い結果になりました。

少なくとも「日本の若年層は株式投資にほとんど関心がない」と言えそうです( ˘ω˘)

カテゴリー
投資

投資の初心者が買うべき投信信託4選

投資の初心者はこれを買っておけ、といわれていた投信信託を4つ挙げてみました。

いずれも楽天証券で買えるものです。

1.楽天・全世界株式インデックス・ファンド

【愛称】楽天・バンガード・ファンド(全世界株式)

 

2.楽天・全米株式インデックス・ファンド

【愛称】楽天・バンガード・ファンド(全米株式)

 

3.eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)

 

4.eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)

 

みなさんのご意見はいかがでしょうか。

カテゴリー
投資

保育の無償化🍼 経済活性化と女性の働き手の増加になるか❓

昨年の10月から,全国で,親の所得に関係なく,保育料が無料になりました。

この保育無償化,経済にものすごい衝撃を与えますね。

というのも,共働きで,保育園児1人の子どもがいると,家庭にもよるでしょうが,月2万円とか3万円くらいのお金が浮くことになります。

保育園児2人なら,月5万円から6万円くらいが浮くでしょう。

これは,かなり大きな額です。

これだけの可処分所得が増えると,家計にかなり余裕ができます。

さて、この浮いたお金は,どこに流れるのでしょうか?

子育て世代ですから,子供用品や,幼児教育などが中心になると思われます。

ひょっとしたら住宅購入にも影響するかもしれませんね。

また,学資保険など,保険業界にお金が流れるかもしれません。

他方,保育園料を気にして,自宅で育児していた母親が,「保育料が無料なら子どもを預けて働こう」と思うでしょう。

労働人口の増加も期待できます。

意外に,すごく経済活性化につながるかもしれませんね。