ω-酸化とは?

ω-酸化は、動物組織および細菌にみられる脂肪酸の末端のメチル基が酸化を受けて、ジカルボン酸が生じる反応です。

リポフェクション法とは?

リポフェクション法は、細胞にDNAを取り込ませる手法のことです。 リン脂質を用いて再構成させた人工リポソーム(脂質小胞)でDNAを包み、それと細胞懸濁液とを混ぜ、細胞表面に小胞を付着させることで、細胞…続きを読む

レシピエント細胞とは?

レシピエント細胞とは、クローン細胞を作ろうとするときに、ドナー細胞の核を移植するために、核を抜いた細胞をいいます。 レシピエント細胞としては、主として、体外で成熟させた第2減数分裂中期の卵母細胞が使用…続きを読む

コドラート法とは

コドラート法とは、生物相を代表する場所に一辺が 10~ 25cm の方形枠を置き、枠内の生物をすべて採集する方法をいいます。 採集した付着生物は 10%ホルマリンで固定し、種別個体数を計数し湿重量を測…続きを読む

パネート細胞とは?

パネート細胞とは、抗菌性物質のリゾチームを産生する細胞です。 パネート細胞は、核の上部に大きな好酸性の分泌顆粒が存在することで識別できます。 形はピラミッド型です。 腸腺の底部を占め、リゾチームを産生…続きを読む

再構築胚とは?

再構築胚とは、体細胞クローン技術を用いて作製した胚を指します。 除核した成 熟卵に体細胞又は体細胞の核を移植し、電気的刺激により融合させて得た胚になります。 クローン胚と同義です。