ウォッシュコートとは?(触媒用語)

触媒のウォッシュコートとは、担体としてハニカム(蜂の巣)状のものを用いる場合に、担体を金属塩が溶解した溶液に浸し、引き上げ、乾燥させて活性部分を担持させる方法のことです。

主に、自動車や、発電所の排ガス処理の触媒において用いられます。