イオン会合とは

イオン会合とは、気相または溶液相中に存在するカチオンとアニオンとが、静電気的な相互作用により、互いに一定の時間接近し、あたかも一組の「イオン対」として挙動することを指します。

たとえば、0.01 mol/dm3以上の亜硝酸円水溶液の電気伝導度は、硫酸亜鉛が完全に電離していると仮定して計算した値よりも、小さくなることが知られています。