オルトトルイジンホウ酸法とは?

オルトトルイジンホウ酸法(o-TB法)とは、血糖の測定法(縮合法)です。

グルコースを酢酸と加熱し、生じる5−ヒドロキシメチルー2−フルフラールに「o-トルイジン」を縮合させ、生じる青色の複合体を635nmで比色します。