量子効率とは?(量子収率、量子収量)

量子効率とは、吸収された光子ひとつに対して、発光、反応、失活といった活動が何回起きるかを表す量、あるいは、
三重項状態などの状態が何個生成するかを表す量として知られています。

量子効率は、通常、0~1の間の値となります。

量子効率は、励起光の波長、温度、溶媒、濃度などにより左右されます。

なお、量子効率は、「量子収率」、「量子収量」ともいいます。