ALARAの原則とは?

ALARAの原則とは、食品中の汚染物質を無理なく到達可能な範囲でできるだけ低くすべき(ALARA: As Low As Reasonably Achievable)であるという考え方です。

汚染物質の基準値作成の基本となる国際的な考え方です。