アセタト錯体とは?

アセタト錯体とは、酢酸イオンCH3CO2− が酸素原子上の孤立電子対で金属イオンに配位した錯体です。

・一つの酸素原子が一つの金属原子に末端配位したもの、
・二つの酸素原子が二つの金属原子間に架橋配位したもの、
・同一の金属原子に二座でキレート配位したタイプ
などのタイプがあります。