ホフマン法による基準値の策定(Hoffmann法)

ホフマン法とは、統計解析の一手法であり、患者を含んだ群で対数確率紙を用いて、相対累積度数をプロットし、健常者群と思われる部分を外挿し、2.5~97.5%の範囲の測定値を臨床参考範囲とする方法です。