UASB法とは(Up flow Anaerobic Sludge Blanket Process)

UASB法とは、「上向流嫌気性汚泥ろ床法(Up flow Anaerobic Sludge Blanket Process)」の略です。

UASB法では、直径2~3mmの微小なマリモのような顆粒を形成する糸状のメタン細菌を利用したメタン発酵技術です。

反応槽内に大量のメタン細菌を蓄えることができるため、高速の処理が可能で、また、従来に比べ、低温でも処理が可能な特徴を持っています。