認知症サポーターとは

認知症サポーター

認知症サポーターとは、認知症の人とその家族を見守る「応援者」のことです。

認知症サポーターになるには

講師役(キャラバン・メイト)が、市区町村などと協働し「認知症サポーター養成講座」を開催して、全国で認知症サポーターを養成しています。

だれでも認知症サポーター養成講座を受講すると、「認知症サポーター」になることができます。

特別な責任や仕事はありませんが、日常の中で認知症の方を見守る、声を掛けるなど、出来る範囲の活動を行うことで、地域の暮らしを支えます。

期待されること

厚生省は、認知症サポーターに、つぎのことを期待しています。

1認知症に対して正しく理解し、偏見をもたない。
2認知症の人や家族に対して温かい目で見守る。
3近隣の認知症の人や家族に対して、自分なりにできる簡単なことから実践する。
4地域でできることを探し、相互扶助・協力・連携、ネットワークをつくる。
5まちづくりを担う地域のリーダーとして活躍する。

認知症サポーターの増加

認知症サポーター養成講座は、地域住民、金融機関やスーパーマーケットの従業員、小・中・高等学校の生徒など、幅広い年代の方が受講しています。

受講したらどうなるか

認知症サポーターである証として、「認知症の人を支援します」という目印の「オレンジリング」がもらえます。

養成講座で得た知識を生かして、日常生活の中でご自身のできることを、出来る範囲で行っていくことができます。