部活の挫折経験の例文

部活の挫折経験の例文を紹介します。

例文

私はサッカー部に所属していました。

私は、一度も試合のレギュラーになることなく、引退しました。

部活をやっていた頃は、「毎日、欠かさず練習に取り組んでいるのに、どうして上達ししないのだろう?」と悩んでいました。

苛立ち・焦り・悔しさなどの色々な想いと挫折感を感じていました。

いま反省すべき点を考えてみると、頑張るだけではダメだったのだと思います。

おそらく、上達のための適切な練習方法を考えたり、戦術の理解を深めたりする必要がありました。

この経験は、何事も、単に頑張るのではなく、「何をどのように頑張るか」が大切なのだと気づかせてくれました。