今回は,「子テーマをつくる方法」がテーマです.

子テーマの必要性

ワードプレスにはテーマと呼ばれるものがあります.

たとえば,WordPressチームが作った“Twenty Nineteen”があります.

Twenty Nineteen

このようなテーマの使用時に,ファイルをカスタマイズすることがあり得ますね.

たとえば,つぎのようなファイルです.

・スタイルシート(style.css)

・テーマのための関数(functions.php)

・テーマフッター(footer.php)

・テーマヘッダー(header.php)

しかし,もしもカスタマイズ後にテーマのバージョンアップが行われると,変更した内容は,上書きされて消えてしまいます.

そこで必要になるのが子テーマです.

子テーマは,文字通り,親テーマにぶら下がったテーマと思ってもらえればOKです.

子テーマにしたカスタマイズの内容は,親テーマのバージョンアップが行われても維持されます.

子テーマをつくる

子テーマをつくるのは,簡単です.

プラグインで一発です.

おすすめは「Child Theme Configurator」です.

子テーマChild Theme Configurator

説明すると長くなるので,細かい使い方は,ググってみてください.

子テーマを作成し終わると,テーマ一覧から,作成した子テーマを選べるようになります.

ここでは,“Twenty Nineteen”の子テーマ“Twenty Nineteen Child”を作成してみました.

子テーマtwenty nineteen child

子テーマを有効にすれば,作業は完了です.

以上,「子テーマをつくる方法」の紹介でした.