逆イートイン脱税が横行?!あえて10%で経費にする手口とは

増税後,飲食に関しては軽減税率がスタートしましたね。

持ち帰りは8%

店内飲食は10%

です。

これについては,持ち帰るフリをして,店内で飲食する「イートイン脱税」が話題となっていますね。

罰則はないみたいなので、「イートイン脱税」は,モラルの問題のようですが。

さて,この税制に関して、先日,ふと思ったんですが,これまで,飲食費は,経費になる場合がありましたよね.

例えば,自営業の人や,フリーランスの人がカフェで作業した時のコーヒー代です.

消費増税の前は,例えば,スターバックスでコーヒーを持ち帰った場合でも,確定申告では,スターバックスの店内で飲食したことにして(嘘をついて),コーヒー代を経費で申告していた人は,一定数いたと思います.

これって,消費増税後の今は,店内飲食の10%でレシートを貰わないと,辻褄が合わなくなりますよね.

なので,

増税後、持ち帰りなのに,わざと「店内で食べる」という人が出現しているかも❓

なんてことを思いました。

名付けて「逆イートイン脱税」です.