VRの子どもの視機能への影響

最近,話題のVR(Virtual Reality).

ヘッドマウントディスプレイを用いたゲームなどが発売されていますね.

楽しんでやっている人もいるんじゃないでしょうか?

ところが,このVR. 実は,13歳未満の子どもには,VRゴーグルの使用が推奨されていません.

なぜなら,VRは,普段とは違うやり方で立体視するため,発達途中の子どもが,斜視になる危険性などがあるからです.

 

【参考】

VRの普及に立ちふさがる、13歳未満のVR体験を制限する「13歳問題」とは

https://wrap-vr.com/archives/27203

お子さんをお持ちの方などは,子どもにせがまれても,VRをさせないように注意したほうがよいと思われます.

子どもはいったんハマると,手がつけられなくなりますから,要注意です!

以上,ご参考までに.