蚊にさされるリスクは存在する

その昔,「蚊」というPS2のゲームがあったのをご存知でしょうか?

一言でいうと,「蚊になって女の子から吸血できるゲーム」です.

言葉は悪いですが、

クソゲーwww

と思いながら全クリした懐かしのゲームです笑


さて,タイトルに書いた,きちんとした話をしますが,日本で「蚊」に刺されるのは, かゆくなるだけ と思いがちです.


ところが,いまなお,蚊が媒介する日本脳炎の国内感染者は毎年10人前後で推移していると言われ,蚊に刺されるリスクが存在します.

それから,近年のデング熱の国内感染事例にみられるように,蚊による輸入感染症は,簡単に広がります.

また,日本には生息していないネッタイシマカが成田空港で発見されるなど,想定外のリスクも高まっています.

したがって,日頃から蚊対策を行うこと はとても重要です.

手段として,体に塗る蚊よけは,とても大切です.

蚊取り製剤も併用すると,さらに良いでしょう.