日本はトイレの数が多すぎ?

ヨーロッパを旅行したとき、公衆トイレを滅多に見かけませんでした。

観光中にトイレを使おうと思ったら、

⑴飲食店のトイレを使う

⑵商店で買い物をして、ついでにトイレを使わせてもらう

のどちらかという感じでした。

他方、日本は、街中にトイレの数が異常に多いですよね。

しかも無料。

公衆トイレ、駅、デパート、コンビニ…

出かける時にトイレの心配をすることなんて、ほとんどありません。

ところで、無料トイレが多いことは、いいことなのでしょうか?

日本の人々は、トイレがそこらじゅうにあるので、日常で、トイレが存在することのありがたみを感じることはありません。

また、トイレの貸し借りという発想が無くなってしまっているので、支え合い(お互い様)のような精神が醸成されにくくなっているのではないでしょうか。

それは、現代の、特に日本おいて浸透している自己責任論と呼ばれるものに、どこか通じるものがあるように思われるのです。