お酒を飲めない体質の人は,飲酒で食道がんのリスクが上がる

WHO の International Agency for Research on Cancer (IARC)は,飲酒が原因で発癌する部位として,口腔,咽頭(いんとう),喉頭(こうとう),食道,結腸・直腸,肝臓,女性の乳房をあげています.

その中で,

⑴ アルコール飲料中のエタノール

⑵ 飲酒と関連したアセトアルデヒド

これらをヒトへの発がん物質であると認定しています.

食道がん

ここでは,食道がん(食道扁平上皮癌)について述べますと,

いわゆる飲めない体質の人では,食道がんの発がんリスクが上がることが分かっています.

具体的には,エタノールは,体内で,2つの酵素の働きにより,酢酸(さくさん)にまで分解されるのですが…

  • ひとつは,エタノールをアセトアルデヒドに代謝する酵素ADH1B
  • もうひとつは,アセトアルデヒドの代謝酵素ALDH2

いわゆる飲めない体質の人は,活性が低いタイプの酵素の遺伝子保有者なので,エタノールやアセトアルデヒドの影響を強く受ける結果,発がんリスクが上がります.

食道癌のリスク因子 日本臨牀 76(増刊号8): 45-48, 2018より
食道癌のリスク因子 日本臨牀 76(増刊号8): 45-48, 2018より

メタ解析によると,ADH1B*1/*1型の遺伝子保有者は,ADH1B*2型の遺伝子保有者(ADH1B*1/*2およびADH1B*2/*2) に比べて,食道がんのリスクは2.77倍も高くなるそうです.

また,ALDH2*1/*2の遺伝子保有者は,ALDH2*1/*1の遺伝子保有者に比べて,食道がんのリスクが7.12倍も高くなるそうです.

大量飲酒者では,さらにリスクが増えることも示されているようです.

お酒を飲めない体質の人は,できるだけ飲酒を少なくしたほうが良さそうですね.

※参考文献:日本臨牀76(増刊号8): 45-48, 2018