5世帯に4世帯はがんを経験する

今回は、「ガン」がテーマです。

内容は短いので、良かったらサッとご覧ください。

2人に1人はガンになる!?

いろんな場所で、よく聞く話だと思うのですが、 現代は、 生涯で2人に1人はガンになる時代です。

性別で分けると、すこし印象が変わるのですが、生涯でガンと診断される割合は、男性62%、女性47%となっています。

このデータは、国の「がん統計」によるものです。

最新がん統計:https://ganjoho.jp/reg_stat/statistics/stat/summary.html

ここで、がんにかかる確率については、「個人」から「夫婦」へ視点を変えてみましょう。

すると、

夫婦のどちらもが生涯でがんと診断されない確率は、

(1-0.62)×(1-0.47)=0.2 (20%)と計算できます。

こういう視点で見ると、

従来の「二人に一人はがんになる」という表現は、

「5世帯に4世帯はがんを経験する」という表現に置換できます。

がん保険や医療保険などを考えるときの見方が変わる数字ですね。