健康食品の信頼できる情報源はHFNet

健康食品で被害続出!?

「健康食品」はいろいろとありますが、「保健機能食品」以外のいわゆる健康食品には定義がなく… その実態は玉石混交です。

最近で話題になったのは、若い女性の間で 「豊胸効果がある」 などとうたった「プエラリア・ミリフィカ」という成分を含む健康食品です。

この成分を含む健康食品による健康被害が、多く報告されました。

嘔吐、腹痛、下痢などの消化器障害や発疹、じんましんなどの皮膚障害のほかに、月経不順や不正出血といった、女性特有の危害事例が多く報告されたそうです。

このプエラリア・ミリフィカによる危害情報は、 全国の消費生活センターなどに2012年度から2017年4月までの 5年間あまりで209件寄せられていたそうです。

すごい件数ですね。

▷日本医師会ウェブサイト参照

https://www.med.or.jp/people/knkshoku/pueraria/index.html

自己責任…?

このような、いわゆる健康食品は、人体でのしっかりとした検証がされていないものです。

そのようなものを摂取するのですから、それによって健康被害にあっても、「自己責任だ」という見方もできなくはありません。

でも、ヘルス・リテラシーは、人によって差があるのが現実です。

ヘルス・リテラシーの不足から、目の前のものが「安全なもの」という誤解をしてしまうことはあるでしょうし、それに、社会的には、健康被害への治療によって医療財政が少なからず圧迫されるというのも見過ごすことはできないでしょう。

 

HFNet

健康食品に関する、そのような健康被害の問題を解決するため、国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所国立健康・栄養研究所では、「健康食品」の安全性・有効性情報(Health Foods Network;HFNet)サイトを運用しています。

https://hfnet.nibiohn.go.jp/

このサイトでは、健康食品に関する最新の情報が提供されています。

サイト内検索もありますから、気になる情報があれば調べられます。

ぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

検索してみると、いろいろと情報が出てきます。