徴候、疾患、症状は、それぞれ下記のように定義されます。

徴候

外から見て分かる客観的な変化を意味します。

たとえば、出血、膨化、嘔吐、下痢、発熱、発疹などです。

症状

外からは分からない体の主観的な機能の変化を意味します。

たとえば、頭痛や吐き気などです。

疾患

疾患とは、上記の「徴候」および「症状」をはっきりと示す病気のことを意味します。