抗菌薬セフィデロコルへの期待

コロナウイルスはウイルス。

 

一方、細菌にも、怖いものがいます。

 

薬剤耐性菌による死亡者が世界全体で1000万人になるかも

 

細菌による感染症を治療するための薬(=抗菌薬)への耐性を示す菌(=薬剤耐性菌)を取り巻く事態は深刻化しています.

WHOや国連総会までもが議題に取り上げるほどです.

具体的な数値でいうと,薬剤耐性菌は,2050年までに毎年1000万人の命を奪うようになると予想されています.

抗菌薬は,生活習慣病の薬のように使用し続けるものではないので,抗菌薬からは,あまり利益が得られませんので,製薬企業にとっては,開発を頑張ろうというインセンティブがありません.

しかし,新しい抗菌薬の開発は必要です.

日本では,このような閉塞した状況を打破すべく,日本化学療法学会を含む関連6学会が動き出しています.

新規の抗菌薬開発を国家プロジェクトにしなければならないという認識のもと,6学会は,創薬ワーキングを立ち上げ,製薬企業やアカデミアが所有するseedの活用化,製薬企業の開発意欲向上のための新規抗菌薬の市場独占期間の延長を盛り込んだ提言をおこなっています.

ちなみに,そんな環境の中ではありますが,塩野義製薬の新しい抗菌薬が,海外で上市されそうです.

うまくいけば,いずれ日本でも使えるようになるでしょう.

それが、新規シデロフォアセファロスポリン抗菌薬です。