拡張現実でいいねや投げ銭ができたら楽しそうだ

拡張現実空間でも,いいねが出来たら,きっと楽しそうですよね.

いいねボタンが投影されて…

それをタッチ! みたいな笑

対象は,人でもいいし,商品とか何でもいいですよね☆

 

また,投げ銭もできたなぁと.

たとえば,路上パフォーマンスって,最後に募金のお願いをされますよね?

でも,どうしても時間がなくて,途中でその場を離れちゃう場合もあるわけです.

でも,

面白い!

と思った瞬間に,投げ銭ができたら,それを伝えられると思うんですよね.

ところで,最近は暗号資産によるマイクロペイメント(少額決済)が注目されてますよね.

マイクロペイメントは,数円とか数十円の移動でも,暗号資産の利点を活かし,コストを抑えて移動できるので良いみたいです.

とくに,「0.1円」,「0.01円」,あるいは「0.001円」などの小さい単位でも,お金を流通させることができることも注目される要因となっています.

すでに,ここALIS内に限っては,投げ銭機能として既に実装されていますが,

広い用途が期待されているのはビットコインのライトニングネットワークで,それなら色々なことを実現できるとか何とか…(難しいことは分かりませんw)

 

ちなみにMUFGコインも,この分野を見据えているようですね(!?)

拡張現実を通して,いいねや投げ銭ができたら…

そんな未来も楽しいかもしれません.