iPhoneを修理に出す前にやるべきセキュリティ対策

iPhoneは故障しがちですね。

原因はさまざまなものがあります。

iPhoneの故障の原因と修理
iPhoneの故障の原因と修理

 

さて、こんな故障が起きた時、Appleサポートアプリで、修理の予約(郵送の場合もあり)をしたり、キャリアの窓口から修理を依頼したりすることになるでしょう。

ここで、気になるのは、修理のためにiPhoneを預ける時は、ロックを解除して渡す必要があるため、個人情報などのセキュリティ面で大丈夫なのか?という問題です。

 

基本的には、修理する店員を信用してよいとは思うのですが、知らない間に、写真や動画を見られていたり、メモを見られていたりしても、iPhoneが戻ってきたときに、「見られていたことが分からない」という問題がありますね。

そこで、iPhoneを修理に出すときに、どのように個人情報を守ればよいのか、書いてみることにします。

手順1.iCloudなどにバックアップ

写真や動画は、最もプライベートな情報が含まれてきます。

よって、これは保護する必要があります。

ただし、iPhoneでは、閲覧にロックをかけられないので、iCloudなどを活用して、ネット上に保存しておくことが大切です。

iPhoneからは、写真や動画を削除しておきます。

修理後にiPhoneが戻ってきたら、バックアップデータから、写真をダウンロードして復活させます。

 

手順2.メモ帳はロック

iPhoneのメモは、リストをスライドさせると、鍵をかけるかどうか選択できます。

見られては困るメモ帳には、全て鍵をかけておきましょう。

もちろん、写真や動画のように、クラウドに保存したうえでiPhoneから削除しておいて、あとで復活させる方法もあります。

 

手順3.タッチIDやフェイスIDを活用

iPhoneのアプリによっては、アプリそのものに、指紋認証や顔認証が設定できるものがあります。

決済アプリなどでは、指紋認証や顔認証を使えるものはけっこう多いですね。

この機能を活用して、指紋認証や顔認証が使えるアプリは、すべて設定しておきましょう。