エネフリードとビーフリードの違い

エネフリードは、大塚製薬から2020年に発売された末梢静脈栄養輸液です。

エネフリードは、日本で初めて、糖、電解質、アミノ酸に加え、脂肪および9種類の水溶性ビタミンをダブルバッグに一剤化することにより、1~2週間程度の栄養管理を可能とした製剤です。

エネフリードとビーフリードの違い

これまで、末梢静脈栄養輸液としては、ビーフリードが有名でしたが、ビーフリードには、脂肪が含まれていませんでした。

また、ビーフリードには、糖質の代謝に必須のビタミンB1は含まれていましたが、その他の各種のビタミンが含まれていませんでした。

つまり、エネフリードとビーフリードを比べると、脂肪と各種ビタミンの含有の有無が異なることになります。

カロリーの違い

ビーフリードは、500mlあたり210キロカロリーです。

エネフリードは、500mlあたり310キロカロリーです。

エネフリードの注意点

エネフリードは、含有する脂肪が目詰まりするため、除菌用ファイナルフィルターを使用できない点に注意が必要です。

また、臨床検査値に影響する場合があります。具体的には尿検査です。エネフリードは、アスコルビン酸を含有しているため、尿試験紙での尿糖の検出反応を妨害する可能性があります。また、各種の尿検査(潜血、ビリルビン、亜硝酸塩)・便潜血反応検査で、偽陰性を呈することがあると注意喚起されています。