「あなたの仕事は社会に必須ではありません」と言われたら嫌ですよね

最近よく見聞きするエッセンシャルワーカーと言う言葉。

エッセンシャルの意味は、必須。

暮らしに必要な職業(物理的な行為を伴う職業)を指すようです。

エッセンシャルワーカー

・医療福祉関係(例:医師、看護師、薬剤師、介護士)
・保安関係(例:警察官、消防士)
・運輸交通関係(例:公共交通機関の職員、配送ドライバー)
・小売、販売業(例:スーパー、ドラッグストア、ガソリンスタンド等の店員)
・教育、保育関係(例:教師、保育士)
・公共インフラ関係(例:電気、水道、ガス、電話)
・その他、金融、郵便、清掃業務、一次産業従事者など

 

コロナの感染が拡大した中で、

エッセンシャルワーカー以外はテレワーク導入を進めよう、

こんな文脈で、このエッセンシャルワーカーという言葉をよく見聞きしました。

 

一見すると、便利な言葉のように思えますが、

ここで気になるのは、エッセンシャルワーカーではないと言われる人たちの気持ちです。

 

たとえば、漫画家やアニメーターはエッセンシャルワーカーに含まれていません。

 

頭では理解できますが、「必須ではない職業」と言われると、なんだかモヤモヤしますよね。

 

何か別の言葉で置き換えて欲しいものです。