相溶性とは、複数の種類の高分子鎖同士を混合した場合、あるいは、高分子と可塑剤等とを混合した場合に、分子レベルで完全に混ざり合うことをいいます。

なお、逆に、全く混合せずに、相が分離してしまうことを、「非相溶性」といいます。