蒸気比重とは、気体の比重を表すための概念で、標準状態(0℃、1気圧)の気体の密度と、標準状態の空気の密度(1.293 g/ℓ)との比で表される数値のことを意味します。

蒸気比重が1よりも小さいものは空気中で上昇して拡散し、反対に、1より大きいものは空気中で下降して低いところに滞留します。