協同効果とは?

溶媒抽出において、2種類以上の試薬を使用したときに、三成分系錯体の生成により、溶媒を単独で使用した場合と比較して、分配比(D)がはるかに大きくなる現象のことを意味します。