ナンバー・プラス法とは

ナンバー・プラス法とは、所定の95%信頼限界を超えたときと精度不良とする精度管理法です。

95%信頼限界は、つぎの式により求めます。

n×p±2√(n×p(1-p))

検体数をn、  基準範囲の最頻値を超えるものの割合をpとします(一般にはpとしては0.6を採用)。