混濁腫脹とは?

混濁腫脹(こんだくしゅちょう)とは、ミトコンドリアの変化により、細胞質に好酸性の微細顆粒が充満することです。

腎臓、肝臓、筋肉などの実質臓器に起きやすいことで知られています。