ベルトトランセクト法とは

ベルトトランセクト法とは、汀線(ていせん)に対し直角に設定した測線に沿って、1辺が 25cm、または 50cm の方形枠(コドラ ート)内の生物付着状況(種類、個体数、被度など)を目視で記録する方法をいいます。