パーオキサイド架橋とは?

パーオキサイド架橋とは、分子鎖同士を直接つなぐ方法であり、具体的には、有機過酸化物および反応助剤を用いて、分子鎖に結合している水素を引き抜いて、そこに、水素が引き抜かれた別の分子鎖を結合する反応です。

分子鎖同士の結合は、炭素と炭素との間に生じます。

反応の流れ

ROOR → 2RO・

RO・+ PーH → ROH + P・

(P−Hは、生ゴムを表す)

2P・ → PーP