層間化合物とは?

層間化合物とは、層状化合物をもつ化合物の層と層との間に、他の「原子」、「分子」、あるいは「イオン」が入り込みできる化合物です。

たとえば、黒鉛の層間にカリウムが入り込んでできる化合物がよく知れられています。