アセトリシスとは?

アセトリシス(acelolysis)は、「加酢酸分解」とも呼ばれ、酢酸中で窒温に放置あるいは加熱することで、化合物中の原子または原子団がアセトキシ基CH3COOに置換される反応のことを意味します。

たとえば、ハロゲン、カルポン酸エステル、スルホン鮫エステルなどがこの反応を受けやすいです。