水溶性液体と非水溶性液体の定義とは?(危険物第4類)

危険物第4類における水溶性液体とは、1気圧の下で、温度20度で同じ容量の純水と緩やかに混合したときに、流動が収まった後も、外観上、均一な状態を維持することができる液体のことを意味します。

また、非水溶性液体とは、水溶性液体以外の液体を意味します。