ウエットスキッド性能とは

タイヤが凍った路面を走る時、水上スキーのように、氷とタイヤとの間にある水の膜の上を滑走することを「ウェット・ スキッド現象」といい、この滑走に対する抵抗性能を、ウエットスキッド性能といいます。