パージ・トラップ法とは?

パージ・トラップ法とは、以下の方式により、揮発性有機化合物の濃度を求める方法です(JIS K0125)。

①試料中に不活性ガスを通気し、揮発性有機化合物を気相中に移動させてトラップ管に捕集し、トラップ管を加熱して揮発性有機化合物を脱着します。

②冷却凝集装置で冷却凝縮(クライオフォーカス)させます。

③ガスクロマトグラフ質量分析計に導入します。

④選択イオン検出法(SIM)などの方法を用い、選択イオンのクロマトグラフを測定して、揮発性有機化合物の濃度を求めます。