仮撚加工糸とは?(テクスチャードヤーン)

定義

仮撚加工糸とは、テクスチャードヤーンとも呼ばれ、ナイロン・ポリエステル等のフィラメント糸にクリンプ形態(三次元的なループ構造)を与えた糸のことです。

製法

通常の糸に比べ、かさ高性や伸縮性が付与されており、製法には以下のものがあります。

PTY(Producers Textured Yarn)方式

紡糸・延伸工程に引続き、仮より工程を一貫して行う方法です。

POY・DTY方式

高速で紡糸することにより、一部の延伸を行い半延伸糸(POY:Partially Oriented Yarn)とし、そのPOYの延伸・仮より工程を経て、延伸加工糸(DTY:Draw Textured Yarn)とする方法です。