ホールドアップ問題とは?

ホールドアップ問題とは、契約の不備につけこんで、雇用主が労働者に無理難題を押し付ける問題のことをいいます。

たとえば、賃金のカットなどです。

これは、買い手市場において発生しやすい問題です。

とくに、他の職場で通用しない技能を身につけている人は、ホールドアップ問題を生じる可能性が大きいです。

解決策として、最低賃金を定める方法があります。