転職の面接を土曜日や日曜日(土日など休日)にしてもらうお願いの仕方を紹介。

転職活動は、ふつうは、在職中に行うものですから、休日でないと難しい場合があると思います。

そういったときは、自分のスケジュールを伝え、勤務時間外や休日を利用することが良いでしょう。

ただ、時間外は、仕事が急に入ると面接に行けなくなってしまうため、必ずいける保障がありません。

そこで、面接には有給休暇を利用する方法もあります。

しかし、一発で転職面接に受かるというのは稀ですから、この手は何回も使うことはできません。

できれば、休日に設定したいところでしょう。

休日に設定してもらうお願いの仕方

電話で、「無理を承知でお願いしますが」とか、「貴重な時間を割いてもらって申し訳有りませんが」などと、気遣いのフレーズを入れることが肝心です。

「土日でないと無理です」などと、自分勝手な表現をすると、印象は悪くなります。

「面接の際は、どのような曜日や時間のスケジュールになりますでしょうか?」と相談することが大切でしょう。

応募の時点で伝える方法もあり

もしも、応募の時点でコミュニケーションがとれる場合は、企業と本格的なやりとりをする前に、「勤務時間中に応対ができません」と、伝えておくと良いでしょう。