引っ越しするときの介護認定の手続

引っ越しと介護保険

介護保険を利用している方が引っ越しをして住所が変わるときの手続きを簡単に紹介します。

必要な手続き

前の市区町村で転出届を出すときと、さらに、引っ越し先の市区町村で転入届を出すときの両方で介護保険の手続きが必要になります。

転出の手続きすることによって、引っ越しの日(異動日)から、転出した市区町村での介護保険制度の対象者である資格がなくなります。

また、転入の手続きをすることよって、介護保険のサービスを資格を取得します。

なお、転入届は、引っ越しの日から14日以内に提出する必要があります。

介護保険料

介護保険料は、引っ越し月分から、転居先の市区町村に納めることになります。

介護認定

転居前の市区町村で介護認定を受けている場合、引っ越し先の市区町村で介護認定を受けるためには、手続きが必要です。

この手続きは転入手続とあわせて行います。

介護認定の手続きには、転出した市区町村から発行される「介護保険受給資格証明書」が必要となります。