アルブミンの測定法の違い(BCG法,改良BCP法,換算式)

血清アルブミンの測定法と、測定法によるデータの違いについて紹介します。

測定法

現在において主流の血清アルブミン測定法は、2つに大別されます。

BCG法(1970年代~)と、BCP改良法(1997~)です。

BCG法

BCG改良法は、ブロモクゾールグリーンを使用した測定法です。

簡便で、安価な測定法で、古くから利用されています。

しかし、グロブリンを測り込むので、測定値は、常に、本来のアルブミン濃度よりも高くなります(偽高値)。

BCP改良法

BCP改良法は、ブロモクレゾールパープルを使用した測定法です。

名前の通り、BCP法を改良した方法です。

グロブリンを測り込まないため、アルブミンを特異的に測定することができます。

すなわち、BCG法と比較して、血清アルブミン濃度を、より正確に測定することができます。

ただし、ペニシリンGを経静脈的に大量投与している患者の場合、ペニシリンGが測定系に影響を与え、測定値が低下することがあります(偽低値)。

シェア

BCP改良法は、日本でのシェアは高いものの、世界的に見れば、BCG法が主流です。

BCP改良法の測定値を、BCG法の測定値に換算する方法

様々な診断基準や指針で用いられているアルブミン値は、主にBCG法によるものです。

たとえば、肝障害度を表すChild-Pugh分類や、ネフローゼ症候群の診断基準、栄養評価に使うCONUT法などで、アルブミン値が用いられていますが、いずれもBCG法を前提としています。

BCP改良法で測定したアルブミン値を、どのように、BCG法を前提とした診断基準や指針に当てはめるかが問題となります。

ここで、日本臨床検査医学会は、この問題について、一応の解決策を提言しています(2014年)。

それは、BCP改良法の測定値に、0.3g/dlを加算することで、BCG法の測定値とみなす方法です。

BCP改良法によるデータは正確性が高いにも関わらず、正確性の劣るBCG測定法を前提とした診断基準や指針を使うために「0.3」を加算するというのは、せっかくのBCP改良法の正確性の高さを無駄にしてしまう結果となりますが、この点は仕方がありません。換算後のデータは、あくまでも参考として考えることが重要です。