アンダーカットとは?

アンダーカットとは、成形加工において、金型から成形品を取り出す(離型)ときに、型を開く方向のみでは離型できない形状のことをいいます。

undercut

例えば、上図の左側の2例の成形品を、上下方向に型を開いて製造する場合を考えます。

赤丸で囲んだ部分はアンダーカット形状と呼ばれる形状で、上下方向のみに開く型を使った場合、アンダーカット形状部分が邪魔となり型を開くことができません。

そこで、右側の2例のように、横方向にスライドするスライドコア(サイドコア)を設けることによって、これらの形状は製造可能となります。

アンダーカット処理には、外側スライドコア方式、内側スライドコア方式、そして油圧シリンダ方式などがあります。