エーテル化とは

アルコールは、分子「内」で脱水反応を起こすと、二重結合を生成し、アルケンとなります。

一方、分子「間」でも 脱水反応を起こすことがあり、その場合には、エーテルを生じ、これをエーテル化といいます。