スケーリング則とは?

スケーリング則とは、S(r) と r の間に成り立つ物理法則を導くものです。

例えば、ドジャンが提唱した、下記の高分子に対するスケーリング理論(スケーリング則)があります。

これは、長さ L の高分子がある溶媒のもとで、R(L) の大きさくらいに丸まったとした場合に、

R(L)が、R(L) = R0Lφという式で表されるというものです。

ここで、φは、スケール次元であり、これは高分子の種類に依存しない普遍的な量です。

また、R0は、高分子の種類に依存するパラメータです。