依存効果とは?

依存効果とは、ガルブレイスの唱えた、経済学に関する仮説です。

家計の消費行動は企業の広告・宣伝に依存して操作されているという仮説です。